ブログトップ

満月の日 あらたな一年

f0072357_16374450.jpg

年が明けました。
娘が道路に飛び出しそうになるのを追いかけながら
息子のババチョップを受けながら
変わりない1日が終わっていきます。

それでも 

昨年に引き続き
今年は「言葉」の活動がどんな道を作っていくのかな、
今、いくつかの朗読会のお話がすすんでいます。
ほんとうにありがたいです。

今しか見ることのできない子供たちとの時間と
それでも じぶんであるための時間を誰かと共有できることの喜びと
そして 今だから出てくる言葉やきもちを
ないまぜにしながら
とにもかくにも
生きてることが
なにより ありがたいなと思う 
娘の昼寝のささやかなじぶん時間です



‐‐‐‐--------------------------------------
昨年末 ちいさなこどもとおかあさんへ 「クリスマスのおはなし会」がありました。
1才前後のこどもたち数名とおかあさん。

どんなおはなしかいに…と考えたとき
もしも ずっと子供たちの気をひかなければならないのなら
手遊びに 歌に 絵本を数冊
手を変え品を変え そういうことが必要なのかなと思いました。
でも わたしがしたいおはなし会は そういうのとは何かが違う気がしました。

わたしは空間の中に声が響いていれば
その中にこどもとおかあさんが リラックスして過ごしてもらってたとしたら
それが ことばのトンネルをくぐるような 
ことばを聴くって ちいさいちいさい子供たちには特にそれでいいのかなと思いました。

終わってみて思いました。

途中から こどもたちは伸びたり 歩き出したり
目の前から姿を消してくれたり 近づいてきたりしてくれました。
わたしはそれがとっても 面白かったのです。
お母さんたちが「静かに」と捕まえる必要もなく
おかあさんたちとわたしと どうなるやらが楽しくて
わたしは のびのび 詩を声にすることができました。

あかちゃんとおかあさんへのおはなし会は
そんな のびのび おかあさんがリラックスしてもらえるような
お茶も飲めて 半分はお茶会のような
そんな時間がいいなと思いました。

いろんなことはやってみないとわかりません。
考えるよりも やってみたとき、
目の前にあることからすべては始まるのだと思います。

近頃 インスタグラムやフェイスブックでのお知らせが増えて
パソコンの前になかなか ゆっくり座れませんが
たまに座ると長くなってしまいました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

南ゆうこ
[PR]
by yuju30 | 2017-01-12 17:11 | Comments(0)