ブログトップ

ゆうじゅ yuju

お菓子 絵 ことば 朗読  日々


by yuko
プロフィールを見る
画像一覧

やましたさんちのキャンプ場

    
f0072357_15232697.jpg

    カリンバ作家の山下光雄さんは奈良の御杖村に住んでいます。
    けっして キャンプ場ではありません
    以前遊びに行かせてもらったときに 
    家の前の下には 川が流れて これは贅沢なキャンプ場みたいだなあ。
    しかし作業のお邪魔になっては行けないし
    そんなことを思っているので 前もって言いだせず
    
    それなのに突然行ってしまう。

    それで 山下さんはわたしたちの遊びに全部一緒に遊んでくれて
    しまった と思いながら
    石投げて しゃぼんだまして 台車で走り回って 小さい魚を追いかけて
    カリンバやら太鼓やら ぽこぽこ鳴らしてあそびました。

    夕方 さあ川向いて 簡単ご飯でも食べようかとしていると
    隣といっても 全然見えないお隣に住む中村さんのおばちゃんが来て
    いろいろしゃべってくれて
    「米も野菜も味噌もあるから それ持って今度は一緒に。」とおばちゃんは言い、
    「それなら テント買っといてや。うちのテントは狭いから。」
    と 陸が言う。 

    暗くなって 遊びにおいでと中村さんのおばちゃんが言い
    では 少しだけ と真っ暗の中を自転車おしながら3人で少し離れたお隣りの家へ。
    3人で一回だけ トランプの しちならべ をして
    中村さんのおばちゃんのトランプはやさしく、陸がいちばんに上がって
    おやつのクラッカーと 牛乳をよばれてから
    今日はこれにてお休みなさいと 真っ暗の中をまた 
    全然見えない山下さんちまで ふたりでとぼとぼ帰る。

    空の星は 落ちてきそうで  
    途中まで迎えに来てくれた山下さんが
    天の川を教えてくれました。

    こども寝た後 仕事から帰ってきたまみさんとも
    ゆっくりお話しできたらいいなあと思っていましたが
    狭いテントに 横になったらそのあとどうしたっけ
    きっと 眠りの中でした。

    夜遅く 帰ってきたまみさんと山下さんと 犬とがテントに遊びに来てくれましたが
    私は眠っていますと話したような。

    朝起きてそんな事を話したら
    それはわたしの夢の中の出来事でした。

    翌朝7時
    軽トラに てんこ盛りのチャーハンと野菜サラダを荷台に積んで
    中村さんのおばちゃんが来てくれました。
    
    ほんとは5時に起きた子と6時に朝ご飯を食べて
    ひとしきりシャボン玉した後でしたが
    中村さんのおばちゃんありがとうさんです。ほんとにほんとに。

    では また次のところへ。
    荷物積んで出発なのです。

    山下さん まみさんいつもありがとうです。
    
    
    
[PR]
by yuju30 | 2012-08-21 15:25 | Comments(0)