手紙ごと

f0072357_15432534.jpg
k-shipさんにて 「手紙ごと」というイベントが始まっています。
レターセットで 参加させてもらっています。
手紙 
1年が終わると 毎年箱にいっぱいになります。
ありがたいことです。


手紙は残る。

声は 残らないんだな。
それもいいなと 思ってます。

蒸し暑い季節です。
どうぞ 体調に気を付けてお過ごしください
[PR]
# by yuju30 | 2016-07-08 15:49 | Comments(0)

たなばた

f0072357_2047492.jpg


今朝は5年生の教室へ 
朝読み
7月7日 
七夕のおはなしは 中国からやってきたと言われているようですね

たくさんある七夕の絵本の中で 
たくさんは知りませんが

この絵本の 絵とお話が好きです。

5年生
とっくに知ってるから興味ない…となるかと思いきや
聴いてくれてるような気がしました。

いつも読み終わった後 授業が始まりそうな気がして
余韻なく ありがとうございました~と教室を出てしまうのですが
今度は深呼吸してから教室を出てみようと思います。
[PR]
# by yuju30 | 2016-07-07 22:36 | Comments(2)

夏至のあと 「珈琲と朗読」

f0072357_10171139.jpg
昨日は一枚も写真を撮りませんでした。
あとでブログやFBに載せるために写真を撮る。 
準備のためにたくさんのメールのやり取りをする。
たくさんの方に来てもらえるように いろんな方にお知らせを送る。
そういったことを今回はあまりしませんでした。


朗読をする そのことの準備と 
その場をわたしも楽しむ
あとは なにかしら行こうと思ってくださる方のタイミングが合ったら
訪ねてくれることを信じてみようと
思っていたのか 忘れていただけなのか

それでも 当日の朝にも ご連絡いただき
そば、けいたさんの空間に 多すぎず少なすぎず。
調度いい人数


来てくださった方みなさまに
ありがとうございました。

ひよこ珈琲さん
そば、けいたさん

ありがとうございました。

その場所に足を運んで
その場所にいて 
その場にいることでしか 感じられないことっていうものがあるのだと思います。

朗読は 練習を重ねるなかで変わっていくこともあるだろうし 
うまくいかない日や
年齢とともに変わっていくこともあるだろうとおもいながら
それでも まるっとそのまんま 続けていこうと思いました。

草刈りの音のする あの時間に
健やかに 呼吸をご一緒した 
そんな時間でした。

前日に 手描きで書いたささやかなプログラムの下に
少しだけ感想を寄せてもらえたらと 切り取り線でスペースを作りました。
思いのほか 皆さんたくさん書いてくださって あとで何度も繰り返し読ませていただきました。

うれしかったです。

何もなかったようにして
夕飯の買い物をして
息子とおならの話でわーわー遊んで寝ました。
[PR]
# by yuju30 | 2016-06-23 11:10 | Comments(0)

珈琲と朗読

f0072357_8412075.jpg


6月22日水曜日 
夏至の翌日。 「珈琲と朗読」の日です。

湿度の高さに 圧されて体も重く感じる近頃です。
夏至 太陽の中心が夏至点を通過して、一年が折り返されてゆく日ですね。
「夏至」 あの映画も好きでした。

それはさておき
来週は朗読会があります。

雨にまつわる詩や 眠たくなるような言葉
重たいものが吹き飛びそうな言葉
想像は膨らみますが

できることって そんなにたくさんはないようです。

今 声に出せる言葉を大切にして
取り組みたいなと 
ある日は 娘と積み木を前に座らせて
ある日は 娘にご飯食べさせながら片手にスプーン。片手に本。 
そんな感じで とても地味に日々の中で 声を出しています。

八尾から ひよこ珈琲さん
そして お休みの日に場所をあけてくださる そば、けいたさん。
ありがとうございます。

そして 久しぶりに珈琲ロールを焼きます。
朗読をするようになって 
お菓子を焼くことがまた今までと違う方向からゆったりと
見れるようになってきそうな気がして素直にうれしいです。


雨が降るでしょうか。晴れるでしょうか。

梅雨の日の午前中。

お会いできることを楽しみにしています。


詳細 :::
[PR]
# by yuju30 | 2016-06-17 09:11 | Comments(0)

大きな木の下で

f0072357_1191762.jpg

森の集いの前日
大雨が降りました
ない 
そう思いました。
でも ありました。 雨降ってるけど行きました。

着いたら 少しづつ止んできました。

大きな木の下に行って 木を見上げると
滴が ずーっと上のほうから落ちてくるのが見えました
なかなか ここまで届かない

上のほうから こんなに長い時間かけて落ちてくるんだと
一緒に見ていました。

鹿がすぐそばまで来て 静かに草を食んでいました

意味など探しようもないこの時間 
目に見えない 
そこにあるもの
忙しさの中では見つけられないかもしれない 
大切なこと

大切にしたいとおもいました
言葉をうたいたいなと おもいました

子供たちと 木肌の苔に触れました
鹿みたい

土に近づくほど 苔は濡れていました。
樹の肌は がさがさして 
いろんな虫がいて
何年生きてるんだろう

本との出会い 人との出会い
言葉と 樹と

うまく言葉になりませんが
たっぷりとおおきな時間でした。

大切にしたいことを 大切だと言うこと
結構勇気がいりますけれど
こんな時間を ふやしてゆきたいと思います。

参加してくださった方
ありがとうございました。


今回 これだけは読もうと最初に決めていた詩
こども も おとなも おじいちゃんもおばあちゃんも みんな。







「こころのなかに見える景色」 工藤直子






なぜかいつも大きな樹なのだが

大きな樹は まっさきにあらわれるのだが

その根もとにはいつも こどもがおり

こどもは 樹が生んだいのちのように 根もとにおり

なんだかいつも わあわあ泣いており

孤独と鼻みずを あとからあとから流し

あのこどもは わたしのようであり

あなたのようであり それにしても

あのでかい泣き声は これはまあいったい

なんたることであるかと

世界じゅうが

あきれてみているのである


空にぶらさがる雲

ゆれる葉のうらの銀いろ

鳥の ひろげた羽のギザギザ

しぶきになって飛びちる匂い…

それらが一瞬はりついて 一枚の絵となり

その絵のなかで こどもが

こどもの口だけが

まるくひらいて わあわあ泣くのである

こどものあの まんまるな口のかたちは もしかして

地球の芯をつらぬく 一本のパイプではあるまいか

そう思えるほど わあ わあ わあ わあ

泣き声は 太古から未来にむけて流れていくのである
[PR]
# by yuju30 | 2016-06-07 11:45 | Comments(0)

森の集い 「おおきなおおきな木の下へ」

今週末になりました 。「森の集い」 久しぶりのイベントです。

「大きな大きな木の下で ちいさなちいさなおはなし会」
おとな時間 11:00~12:00
こども時間 13:30~14:30
樹や森にまつわる 絵本や詩のちいさなおはなし会です。
詳細 ::
 まだ空いています。
 小さいお子さんを連れて、楽しそうなおいしそうなものたくさんのイベントで
 当日の動きは行ってみないとわからない…ごもっともです。
 ご予約がありがたいですが 当日のお申し込みは 30分前よりブースにて受け付けます。
 始まりの時間には大きな大きな木の下へ出発しますので
 始まりの15分前には本部横のブースまでお集まりください。
 おとなの時間は午前中です。食べ物ブースが気になる時間帯かもしれません。
 だからこそ ちょっとそこから離れておはなしに耳を傾ける…やっぱりたべものかな。
 お問合せ お申し込みは メールまたは FBでも受け付けています。
 yuju30@hotmail.com

 たくさんの人が集うイベントは 久しぶりの再会や新しい出会いがあったりとても楽しいです。
 それでも、まだ小さい娘連れて、おはなし会もあって いちにちお店に立つには むつかしく
 今回ブースは集合場所となっています。
 
  おとなりは同じ名張から 「あまつちのうた」
 こどもアートプロジェクトとして、とてもかわいい子供たちの絵のポストカードや
 エコたわしなど 寄付とともに販売されています。
 そちらで レターセットや小さい額など こどもの絵ではないですけれど置いてもらっています。
 販売の一部は 寄付とさせていただきます。
 どうぞ ご覧になってください。
 
 大きな大きな木の下で その日の木はどんな様子になるのでしょうか。
 楽しみです。

 
  
[PR]
# by yuju30 | 2016-05-31 12:28 | Comments(0)

し 

f0072357_10261816.jpg
「し」 ってしってる? 「し」って言葉はきいたことあるかな?
といきなりきかれて
はてなの顔をしている子。
「しっぽのし」とつぶやく子。
手を伸ばして「し」という形を書いてくれる子もいます。

息子の通う小学校の図書ボランティアは
月に数回 朝の授業の前に絵本を一冊決まったクラスに入って読む という取り組みをずっとされています。
息子の入学のあと できる時だけですが私も参加させてもらっています。

今日は2年B組です。
今まではボランティアの皆さんが相談して、この学年にはこの本がいいかなと決まった絵本を読むのですが
今年は自分で選んでもよいですよということで
「詩」はどうかな。と 読んでみました。

詩には 絵がついていません。
でも こころのなかでみんなが好きな絵を思い浮かべて
目をつむって聴いてもいいし 頭伏せたり 楽な格好で聴いてていいよ。
というと いっせいにみんなあれこれ寝る格好になったりしましたが
始まると みんなの目はぱっちりと 読むほうを見てくれるんですね。

ながいのとみじかいのとふたつ読んできました。
2年生 みんなの歯もいれかわってゆきますね。
おおきくなあれ こどもたち。


「夏がきた」   工藤直子




ゆうがた――綿雲が山にこしかけて 泣いている

ひばり びっくり とびあがり

ドーシタ ドシタドシタと 声をかける

ほっぺたはれて虫歯がいたいと 綿雲めそめそ

ひばり もっと とびあがり

ワタグモ ムシバダムシバダゾイと 呼びかける


ここへきて歯をみがきなと 森が呼ぶ

それからここで口をゆすぎなと 川が呼ぶ

おーい それから最後にな と

西の空から太陽の声

ひかりの糸で 虫歯をぬきな


綿雲は 山にすわりなおして

ひかりの糸を 虫歯にむすぶ

ようし せえの


あ 太陽が ぐんぐんしずむ

あ ひかりの糸が ぴんとのびる

あ 綿雲ふんばる 赤くなる

あ あ あ すっぽーん!


その夜 綿雲は月にだかれて眠った


よくあさ――綿雲は山に立って 笑ってる

わっはっは わっはっは わっはっは

ひばり にっこり とびあがり

ワタグモ マブシイマブシイゾイ

森 笑う 川 笑う

太陽も ぶるんぶるん おお笑い


きょう 綿雲は ひとまわり大きく

ぴかぴかの入道雲になった

[PR]
# by yuju30 | 2016-05-26 10:27 | Comments(0)

「大きな大きな木の下で」

f0072357_21555120.jpg



先日 森の集いの会場からゆっくり歩いて お話をする場所 巨木に会いに行きました。
いくつかの木を紹介してもらいましたが そのなかでひとつ。

見上げると広がるような 
でも 垂れ下がった枝がこんもりと優しく包んでくれているような
この木の下だと 雨でもすこししのげそう。
そんな木が一本ありました。

そして 「対話」という言葉が 浮かびました。
木との対話なのか 人との対話なのかわかりませんでしたが
「対話」です。

場所は屋外。
マイクを通すつもりもなく、きっといろいろな音が聴こえてきます。
近くのメイン会場からもたくさんの音が聴こえてくるでしょう。
そのなかで 言葉 おはなし、何ができるのかな

昔から 人は木の前に立って
いろんなことを話したんじゃないかなと思いました。
その大きな木の根元で わたしひとりがお話をするのではなくて
自然の音にも そして 同じ参加してくださった人の思いや本の紹介など
耳を傾ける 聴く。
大きな木が上に向かうだけでなく、下にもゆっくりと根をおろして伸びてゆくように
 「ことば」を通して 人と人が手をつなぐ。そんな時間になればと思っています。
大きな木の下に立つと 「私」がおはなしをするというのではなくて
大きな木の下で 私も参加してくださる人も 木をつたってゆく小さな虫も 鳥も
すべて等しい そんな感じです。

何やらかたくなったような 
あたりまえのことのような
とりとめのない 説明ですが
なにはともあれ お天気に恵まれるといいなと思っています。
でも きっと雨でもよいのだろうなあ

こどもの時間と おとなの時間がありますよ
詳細 :::


森の集い  http://morinotsudoi.org/

[PR]
# by yuju30 | 2016-05-24 10:32 | Comments(0)

森の集い 「おおきなおおきな木の下へ」

f0072357_0414686.jpg

森の集い ワークショップ 6月5日
「大きな大きな木の下で 
  ちいさなちいさなおはなし会」

--------------------------------------------------
おとな時間    11:00~12:00
ナビゲート 
朗読 南ゆうこ (ゆうじゅ)

集合  春日野園地 
定員  10名
参加費 500円
持ち物 木や森に関するお気に入りの本1冊


春日野園地からすぐ近くの巨木までゆっくりお散歩したあと、自然の中で
木にまつわる詩などの朗読に耳を傾けたり 
お持ちいただいた本を みんなで紹介しあったり。
対話型のちいさなことばの会です。

-------------------------------------------------------

こども時間   13:30~14:30
ナビゲート
おはなし    南ゆうこ(ゆうじゅ)

集合      春日野園地
定員      親子10組(20人くらい)
参加費     500円
持ち物     木にまつわる絵本など1冊

春日野園地からすぐ近くの巨木までゆっくりお散歩したあと
木にまつわる絵本を読んだり みなさんにお持ちいただいた本を紹介したり
大きな大きな木の下で ちいさなちいさなおはなし会です。

---------------------------------------------------------------

お申し込み方法

1.参加者全員のお名前
2.年齢
3.ご連絡先 (携帯電話、Eメール) をお書きいただき下記あてにメールにてご連絡ください。

お問合せ
申し込み先 yuju30@hotmail.com



----------------------------------------------

2016年 6月4(土)~5日(日)  森の集い 奈良
 春日野園地 春日山原始林
詳細につきましてはこちらをご覧ください 
http://morinotsudoi.org/

当日の受付場所等 新しい情報は追ってご連絡していきます。
[PR]
# by yuju30 | 2016-05-22 07:19 | Comments(0)

珈琲と朗読

f0072357_955145.jpg
「珈琲と朗読」

朗読 南ゆうこ

6月22日(水)
open 10:00
start 10:30~11:30

ところ そば、けいた 
料金  2000円 (珈琲とお菓子付き)



6月22日は夏至の次の日です。


そば、けいたさんの大きなガラス窓から見える緑はいつもきれいです。
八尾からは ひよこ珈琲さんがコーヒーを淹れに来てくださいます。


珈琲の香り。淹れるときの音。 
鳥の鳴く声 人の声。

言葉も 音のひとつとして

そっと朗読してみようと思います。

雨の季節 詩の朗読会です。

どうぞ こそっとお越しください。




ご予約 お問合せ  0595-61-1371(そば、けいた)
          yuju30@hotmail.com (南ゆうこ.)

--------------------
この日は そば、けいたさんの定休日です。
おそばの営業はありません。




 
   
[PR]
# by yuju30 | 2016-05-02 10:12 | Comments(0)