お菓子屋だったり 朗読したり。

f0072357_16441466.jpg



今週の金曜日は calmeさんにいます。
アトリエヤズド 塩田時子さんの個展の初日。
オープニングの日です。

ひよこ珈琲さん と 珈琲ロール。
夕暮れ時のちいさな朗読会。

どんな日になるのかなと とても楽しみにしています。

エプロンして お菓子屋になってみたり
時間になると エプロン外して
本を片手に 朗読したり。

ある日は 落書きに夢中になってたり

おかあさんで おくさんで

平日に お茶飲みながら人とちんまりおしゃべりするのがとても好きで。

ですので 2階でゆっくりご覧になられて どうぞゆっくりお過ごしください。

今回の朗読会は 
こどもがたちが来るのかしら
おとなばかりになるのかしら
まったく予想がつきません。

ですので まったくどうなるやら を楽しんでみたいと思います。
朗読会とは また違ったざっくりとした会になるのでしょうか。

ご一緒にお楽しみいただけますように。

よろしくお願いいたします。
[PR]
# by yuju30 | 2016-10-17 16:48 | Comments(0)

登り道

ここでも何度か書きましたが
2005年 サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼をしました。
信仰心もないまま
ヨーロッパに一カ月滞在するには
これがいちばん経済的かもしれない という
まったくの思いつきでとびこみました。

でも そのとき わたしは大発見をしました。

暗い早朝、宿を出た日から 1カ月。
歩くためだけの毎日。
いろんな道がありました。


f0072357_6394251.jpg


町の中
山の道 
平坦な道

ある日
ものすごい階段の日があって

見た瞬間から 
おっとっと これは大変

同じように登っていく人たちも
苦しそうに
息をあげて
頑張って
下を向いて 

ある人は
珈琲についてくる棒状のお砂糖を口に流し込んだりして

そのとき、

ひとつ 思いついたことがありました。


f0072357_6451264.jpg

わたしは ゆっくり登ればいいのかな

一段登れば 一息
一段登れば 一息

おそろしく遅いのですが
少しもしんどくないのです。
なるべくゆっくり。でも進む。
いっぽいっぽ 歩きながら 
かなりのゆっくり でも進む

ぜーぜー言いながら 休む必要もない
苦しくっていやだ という気持ちにもならない

これは楽だ。
と思いました。 
ウサギと亀のようですが 亀の私がウサギのように早々と先を急いで苦しむ必要なんてない。
自分に合ったペースで歩くっていいなあって

これはもう大発見。

登り切っても休むことなく 歩き続けることができました。
体は疲れても 気持ちがしんどくなることがない


この大発見のおかげで
1カ月 足にまめができることも 靴ずれすることもなく

ゆうこは いつも雲の上を歩いているみたいだったと 
同じ道を歩いていた人たちと笑いましたが
きっと楽しそうに歩いていたのかな と思います。

いろいろひとりで ふらふら旅をしましたが
あの1カ月のようなうつくしい時間はなかったな と10年が過ぎてあらためて思い出します。

足早に登ることのできる人もきっといて
つらいけど頑張る 達成感の好きな人もいる のかな。
ならば わたしは つらくないのがいいです。
そのとき そのときの瞬間が 淡々とたのしいのがいいなあ 

今でも階段を上るときは ひと1倍ゆっくり登ってしまいます。



大発見  大発見
そう思うのはわたしだけかな

f0072357_7181132.jpg
[PR]
# by yuju30 | 2016-10-16 07:19 | Comments(0)

秋に出会う鞄たち オープニング

f0072357_61835.jpg

atelier yazd  鞄作家 塩田時子さん
calmeさんでの個展と、オープニングイベントのお知らせです。

久しぶりに 珈琲ロールを焼きます。
ひよこ珈琲さんが出張に来られます。


そして 夕方
少しですが ちいさな朗読の会があります。

夕暮れ時に
秋の言葉に耳を傾ける
どうぞお越しください。





以下 atelier yazdさんのHPより

-------------------------------------------------------------------



○ 個展のお知らせ

「秋に出逢う鞄たち」 at calme
 
 2016年10月21日(金)~28日(金)
 営業時間 11:00~18:00
 期間中のお休み 25日・26日
 *期間中は終日在廊予定です

 10/21(金)のみのイベント
     ひよこ珈琲さんの出張カフェを開催。
     ゆうじゅさんの珈琲ロールケーキをお愉しみ頂けます。
     16:00~16:30  ゆうじゅさんの小さな朗読会を開催。

『calme』
 三重県名張市桔梗が丘2-2-10
  tel&fax 0595-65-6780
  open 11:00-18:00
  close 火・水
  HP   (Click!)
  *近鉄・桔梗が丘駅南口から歩いて約7分です


毎年恒例となりました、地元での個展を開催いたします。
旅は勿論、ご近所への外出、何処かに出掛けたくなる秋に出逢って連れ出して欲しい鞄たち、
小物たちをお作りします。
少しお休みをしていました「軽い鞄」シリーズが、生地をリニューアルして再登場します。
秋のお出掛けのお供を見つけにお越し下さい。

初日は、ひよこ珈琲さんが八尾からお越し下さって、出張カフェを開いて下さいます。
珈琲が苦手だった私が、ほんとに美味しく頂けた珈琲なんです。
その珈琲とぴったりの珈琲ロールケーキをゆうじゅさんが焼いて下さいます。
しっとりしたスポンジ生地に甘すぎない珈琲クリームのコンビが、たまらないケーキですよ。
そして、16時からは、ゆうじゅさんによる秋の夕暮れの小さな朗読会を開催いたします。
美味しい珈琲とロールケーキを食べながら、ゆったりした秋の時間を愉しみに、
どうぞ、ふらりとお立ち寄り下さいませ♪

------------------------------------------------------
f0072357_642469.jpg


前回の 滋賀での朗読会「舟を漕ぐ」
いちばんに予約をしてくれた時ちゃんが 
仕上げないといけない鞄があるので朗読会にいけない。 
お代もって
前日 お家を訪ねてくれた。

時ちゃんのお仕事に対する
愛情と熱が
わたしはすきです


で  今回の朗読会は
ご予約なしで 来ていただけます。
お代はいりません。

[PR]
# by yuju30 | 2016-09-30 06:55 | Comments(0)

ことば

f0072357_791027.jpg


吹雪の晩      北原白秋

吹雪の晩です、夜ふけです、
どこかで夜鴨が啼いてます、
燈もチラチラ見えてます。

私は見てます、待ってます、
何だかそはそは待たれます、
内では時計も鳴ってます。

鈴です、鳴ります、きこえます、
あれあれ、橇です、もう来ます、

いえいえ、風です、吹雪です。

それでも見てます、待ってます、
何かが来るよな気がします、
遠くで夜鴨が啼いてます。






ことばを音にする
音になったことばを聴く

ことばを聴いているようで
ことばの先の音を聴く

体ぜんぶを耳にして
耳をひらいて
音を聴く

意味ではなくて
音から 
ことばの色彩のような
熱のような
そのふくらみに触れる

そのときの
その瞬間の
感覚は
そこにいることでしか
わからないかもしれないけれど

その感覚こそ
大切にしたいと思う

できることなら
それがなんなのか
ことばで伝えることのできる人になりたい
[PR]
# by yuju30 | 2016-09-26 23:21 | Comments(0)

ことば

f0072357_791027.jpg


吹雪の晩      北原白秋

吹雪の晩です、夜ふけです、
どこかで夜鴨が啼いてます、
燈もチラチラ見えてます。

私は見てます、待ってます、
何だかそはそは待たれます、
内では時計も鳴ってます。

鈴です、鳴ります、きこえます、
あれあれ、橇です、もう来ます、

いえいえ、風です、吹雪です。

それでも見てます、待ってます、
何かが来るよな気がします、
遠くで夜鴨が啼いてます。






ことばを音にする
音になったことばを聴く

ことばを聴いているようで
ことばの先の音を聴く

体ぜんぶを耳にして
耳をひらいて
音を聴く

意味ではなくて
音から 
ことばの色彩のような
熱のような
そのふくらみに触れる

そのときの
その瞬間の
感覚は
そこにいることでしか
わからないかもしれないけれど

その感覚こそ
大切にしたいと思う

できることなら
それがなんなのか
ことばで伝えることのできる人になりたい
[PR]
# by yuju30 | 2016-09-26 23:21 | Comments(0)

舟 漕ぎいでた日

f0072357_20541886.jpg


朗読会「舟を漕ぐ」に
いちまいだけ 絵を持っていきました。
「森の鳥」。
どうしてこれにしたのか
わからないのだけど。


初めて滋賀に 朗読会に行きました。
ティースペース茶楽さんは以前にも2度ほど伺ったことがあって
とても好きなお店でした。
だから今回 とてもうれしかったのです。






f0072357_20595274.jpg


















いろんなつながりの中で
お越しくださったみなさまに
心よりお礼申し上げます。

大阪から 三重から
滋賀のあちこちから

案内を手に取って
なんだろう…と
内容も詳しくわからない中を
えいっと来てくださる
この不思議な 勘のような
えいっとした気持ちが
実はとても大事なこと なのではないのかなと
思ったりしています。

来てみてがっかりすることも
そこから長いご縁が生まれることも
どちらも ありえる。

誰かの朗読を聴く
そんな 目に見えないなにかのために
その時間のために
足を運んでくださることに

なにより お礼の気持ちです。

f0072357_2117193.jpg
ことばを 音にしながら
耳をすますと
静けさのなかにも
いろんな音が聴こえてきます。

参加してくださった方の言葉もまた
もっとたくさん聴きたかったです。

またどこかで 
お会いできると嬉しいです。
また 茶楽さんにも行きたいです。

ありがとうございました。

今回企画してくださった 
森野さんに 「森の鳥」
見てほしかったのかもしれないなと思いました。
どうしてかは わからないのだけど。







f0072357_21185926.jpg
















朗読の旅は 11月27日(日) 
奈良「日+月+星」へと続きます。
[PR]
# by yuju30 | 2016-09-12 21:22 | Comments(0)

朗読会 「舟を漕ぐ」

f0072357_8271531.jpg


今週末は 朗読会 「舟を漕ぐ」
滋賀です。
近江八幡です。
茶楽さんです。


周辺には ボーダレスアートミュージアムNO=MAさんでもイベントがあります。
クラブハリエやロープウエイ。
併せて行かれるのもよいかもしれません。

まだお席も空いています。
行こうかな と思われたら
どうぞえいっとお越しください。

小さな旅に 滋賀でお会いできますように
旅は11月に滋賀から奈良へと続きます。

 旅に終わりはないのです。
[PR]
# by yuju30 | 2016-09-09 08:36 | Comments(0)

「舟を漕ぐ」 本を一冊おもちください

f0072357_11335650.jpg


言葉は 伝える
伝えたいから 言葉を発する
その言葉が 届かないこともある

言葉のちからは
いますぐなにかにむすびつかなくても

落とした種が いつか そこで小さな芽を
出すかもしれない
出さないかもしれない

そんなことは なにひとつわからないけれど
それでも 言葉を声にすること

ことば を 信じていたいなと思う。







今回滋賀へ行きます。
これはわたしにとっても小さな旅です。
今回の朗読会が旅でもあり、
でも 毎日は旅の中なんだろうなと思ってます。

みなさんはどうですか。

朗読会ですが こられるかたとも一期一会。
この時間を過ごすこと とても楽しみにしています。
そこで 「旅」についての何か気になる本一冊お持ちください。
すこし くつろいでお話しできる時間も作れたらとおもっています。
[PR]
# by yuju30 | 2016-08-30 11:52 | Comments(0)

舟を漕ぐ

f0072357_22171917.jpg

秋の朗読会 「舟を漕ぐ」 
2016年9月11日(日)
open 13:30 / start 14:00 (約1時間)
ところ テイースペース茶楽  
     滋賀県近江八幡市佐久間町17-1
     通常の営業はありませんが、
     ケーキとお飲み物はお召し上がりいただけます。

おひとり  1500円(当日1700円) 小学生以上
     お席に限りがありますのでご予約をお願いします。


ご予約 お問合せ
 0748-47-7980(茶楽) 日.月.祝 休み
 yuju30@hotmail.com

 件名を「9/11」朗読会とし、1.お名前2.人数3.ご連絡先をご記入の上送信ください。
 携帯で受信される方は、PCメールが拒否設定されていないかご確認ください。





さて、気がつくと残暑とはいえ
目の前に秋です。
そして 朗読会が迫ってくることを 背中に感じながら
夏休みの最後の一週間 宿題の山を背中にてんこ盛りに感じている人を 横に感じながら
どんな秋を迎えることができるのでしょう

朗読会 滋賀へ行きます。
初めてです。
先日 ひとりでしていた旅は もういいかな。
と書いた自分に驚きました。

言葉を声にするとき 旅の中にいるときのような感じがします。
だから 言葉と一緒にいろんなところに行けたらいいなと思っています。
言葉と一緒に旅をしたいです。
いつだって どこでだって 旅の中かもしれません。

また ひとりごとのようなことを 書きました。
なにはともあれ 練習がしたいです。
落ち着かない ばたばたとした毎日の中で 練習はいつもこま切れ。
それでも毎日 しないよりはほんの少しでもするほうが 明日につながるかもしれません。
 と、    。

「舟を漕ぐ」
樹のこと こどもたちのこと 旅のこと いくつかの詩を読む予定です。
どうぞ 滋賀で。
お目にかかれますように。


f0072357_21464870.jpg
[PR]
# by yuju30 | 2016-08-26 22:18 | Comments(0)

なつやすみ

旅先での出会いは
過ごす時間の長さだけではなく
かわす言葉の 
ひとつひとつ 
忘れてしまうものもあれば
何度も思い出して 忘れないたからものになることがあります。

子供のころの 宝物は
言葉 だけではない
その時の景色やにおいや 
言葉にならない宝物 かもしれません

f0072357_22531651.jpg

おとなが夢中で勉強している
そんなことに見向きもせずに

大切な時間を 
旅先で過ごしていることもたちが
とてもまぶしい夏でした。

f0072357_22545522.jpg

そして 
その再会がどれだけ特別なことか。

うれしいと飛び上がることもなく
夢中で走っていく背中が 
心いっぱい なのかな

そんなこどもたちの背中に
おとなも 心いっぱいになってることを

こどもたちは しらない なのかな
それでよしです。

f0072357_2335460.jpg





















おおきなふね



星の流れる空のした
わたしたちは
おおきな時間のなかに浮かぶ
おおきなひとつのふねのうえ

願いをかなえる流れ星

さんすうのこと
いきること

おとなの願い
こどもの願い



こどもたちは
しっているのか いないのか

わたしたちが
受けては 手渡す
時間の中にあることを

見上げると
つかみきれない空があり
大地の下に 無数のいのちの種がある


こどもたちよ
しっているのか いないのか

わたしたちが
つづいて つづく
道を歩いていることを

木々は無言でそばに寄り添い
風はやさしく通り抜ける

こどもたちよ
しっているのかいないのか

いのちがある

おおきな青い空のしたに







南ゆうこ
[PR]
# by yuju30 | 2016-08-22 23:22 | Comments(0)