<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

朗読会 「こどもたちへの手紙」

f0072357_556939.jpg
日曜日は雨でした。

雨の日の「日+月+星」は
大切な音以外は、ぜんぶ誰かが引き取ってくれるような特別な時間になるみたいでした。
聴くこと。 
耳を傾けること。

声の中にある響きに耳を傾けると
聴こえてくるのは、言葉のさらに奥にある 
感情も意味もいろいろなものが含まれた 音 なのかもしれません。

いろいろ 思いはありますが
まだ、言葉になりません。

声にする そのことしかしておらず、
その場がどんなだったのか
正直なところあまり覚えがありません。

今回もまたゆっくり感想を 読ませていただいています。
様々なところから集まってくださったみなさま ありがとうございました。
月便り 「てがみ」からのご縁の方や、久しぶりの方にもお会いできてうれしかったです。
いろんなタイミングで ひとに出会うこと
これからも大切にしていきたいと思います。

「日+月+星」という場所に
ひよこ珈琲さんが来てくださって
特別の時間でした。

雨にも 感謝です。

ありがとうございました。 

さ、今日も夜が明けます。

f0072357_6104383.jpg


「雨の音」

雨の音は  みみにやさしい

降ってるだけで

しずかに やさしい

眠たくなるほど

いつでも やさしい

泣いてる人にも

きっとやさしい


               南ゆうこ
[PR]
by yuju30 | 2016-11-30 06:18 | Comments(0)

朗読会 「こどもたちへの手紙」

f0072357_556939.jpg
日曜日は雨でした。

雨の日の「日+月+星」は
大切な音以外は、ぜんぶ誰かが引き取ってくれるような特別な時間になるみたいでした。
聴くこと。 
耳を傾けること。

声の中にある響きに耳を傾けると
聴こえてくるのは、言葉のさらに奥にある 
感情も意味もいろいろなものが含まれた 音 なのかもしれません。

いろいろ 思いはありますが
まだ、言葉になりません。

声にする そのことしかしておらず、
その場がどんなだったのか
正直なところあまり覚えがありません。

今回もまたゆっくり感想を 読ませていただいています。
様々なところから集まってくださったみなさま ありがとうございました。
月便り 「てがみ」からのご縁の方や、久しぶりの方にもお会いできてうれしかったです。
いろんなタイミングで ひとに出会うこと
これからも大切にしていきたいと思います。

「日+月+星」という場所に
ひよこ珈琲さんが来てくださって
特別の時間でした。

雨にも 感謝です。

ありがとうございました。 

さ、今日も夜が明けます。

f0072357_6104383.jpg


「雨の音」

雨の音は  みみにやさしい

降ってるだけで

しずかに やさしい

眠たくなるほど

いつでも やさしい

泣いてる人にも

きっとやさしい


               南ゆうこ
[PR]
by yuju30 | 2016-11-30 06:18 | Comments(0)

命いきいき料理教室

昨日10歳を迎えた子が生まれる前からお世話になった
命いきいき料理教室。
今回で卒業となりました。

以下 愛農誌にレシピと共に掲載予定のお手紙です。
f0072357_6565287.jpg

‐‐‐‐‐‐‐--------------------------------------
店舗を構えず、地方発送といくつかのお店での販売など
お菓子作りを仕事にしようと無我夢中だった頃、
命いきいき料理教室の講師にと声をかけていただきました。

お菓子屋の活動から、お菓子での作品「タベル絵」。「絵」、「言葉」。
目に見える活動は様子を変えながら
数年前に、ことば(声という音)で空間を創る、
「言語造形」という朗読に出会い、初めて学ぶ喜びを感じながら
おとなの朗読会やこどもたちにお話をする活動をしています。
自分の声で、「ことば」を届ける、
そんな空間、時間を作ることができたらと思っています。

今年でお菓子づくりの講師を、
卒業させていただくことになりました。
毎年温かく迎えてくださった 
スタッフをはじめ生徒の皆様ありがとうございました。、

初めのころからずっと作り続けた クッキーです。
 皆様のご家庭で、たのしいおやつの時間に寄り添うものとなりますように。
こどもの頃の温かい時間が 
  育っていく子供たちの生きる力となりますように。

                          ゆうじゅ 南ゆうこ










f0072357_653499.jpg
[PR]
by yuju30 | 2016-11-21 06:59 | Comments(0)

もういいよ 

あのこえ       北原白秋

「もういいよ」
「もういいよ」
野山の、野山の、白うつぎ、
白うつぎ、
どこかで、あの子が、呼んでいる。

「もういいよ」
「もういいよ」
きのふの、きのふの、かくれんぼ、
かくれんぼ、
いまでも、どこかで呼んでいる。

「もういいよ」
「もういいよ」
月夜の、月夜の、白うつぎ、
白うつぎ、
そこらに、あの子が、かくれてる。




もういいよ  という言葉に音をつけてしまう日本人は多い かな。
もういいよ。  やさしい響きの言葉だなと思います。



11月27日(日)  朗読会「こどもたちへの手紙」
当日はひよこ珈琲さんが コーヒーを淹れに来てくださいます。
珈琲と朗読。 
ありがたいことです。
朗読会のあとも 日+月+星はオープンしてくださっています。
珈琲だけ飲みに ゆっくりしにお越しください。

詳しい珈琲時間は ひよこ珈琲さんのブログをご覧ください
[PR]
by yuju30 | 2016-11-14 12:17 | Comments(0)

 おとなのための朗読会 「こどもたちへの手紙」

f0072357_949257.jpg



ながいようなみじかい子供の時間を生きている子供たち
そばいいて
おもうことは たくさんです。

おとなになって
親とよばれる人になって
そこで初めて知る気持ちもやまほど。

こどもたちに手紙を書く
もしかしたら
そんなもの書かれたって 
それはおとなの都合でしょ

それくらいのむこういきもありかもしれない
いつか おとなになるまでは
そんなものわかりよくは生きられない
そんな子供もいるかもしれない

それでも
親は書いてしまう
こころの中で たくさん言葉つむいでいるのかもしれません。

朗読会 こどもの世界のようですが
おとなのための朗読会です。

北原白秋の 言葉、童謡
声にしたときに 
ふくよかな肌ざわりのようなものを あらためて感じています。

f0072357_1041739.jpg

わたしたちもこどもでした
こどもの時間は あっという間に終わるのです

だから 今を大切に。
からだとこころをいっぱいに動かして 生きてほしいと思うのです。

これは 今日のわたしの日記です。

f0072357_1045336.jpg
[PR]
by yuju30 | 2016-11-02 10:07 | Comments(0)