<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3月

f0072357_21254541.jpg

春がそこまでやってきました。
数日前には 朝、うぐいすの声を聞きました。
でも 今日の夜はまた寒さが戻って雪が降っています。
もう少しです。

変わらず こどもたちがどっかり真ん中にある毎日。

そんな中で 言語造形のお稽古に通ったり
月便り「てがみ」を書いたり。

「おかあさん」 である時間は きっと宝で
でも、「わたし」 である時間は喜びで

そんなこんな
1か月は目まぐるしく過ぎていきます。

今月も月便り「てがみ」 発送しました。
詩が 浮かんできた目に見えない気持ちからいろんな言葉をそいでそいで 少しの言葉でぴしっとあう言葉を探す作業だとすると
毎月書いている「てがみ」はそれとは全然別の 目の前にある目に見えない出来事や気持ちを
わしづかみにして 手あたり次第、紙に乗せていくような。
それも こどもが砂場で砂をわしづかみにするのに近いような、正直なところ何も考えておらず書いたことも覚えてないくらいの作業です。
ただ。 振り返ったとき 何気ない毎日がいちばん いとおしいのではないかと 思っています。

またどこかで 手に取っていただけますように。

手に取っていただけるところ
  
長 野  ルヴァン信州上田店(上田市)
埼 玉  tenori (川越市)
東 京  ルヴァン富ヶ谷店(渋谷区)  
滋 賀  ボーダレスアートミュージアム NO-MA (近江八幡市)  
      mamma mia (甲賀市)
三 重  子どもの本の専門店メリーゴーランド(四日市市)
      月の庭(亀山市)  そば けいた(名張市)  月の温(四日市市)
奈 良  くるみの木(奈良市)      マジックマレット(桜井市)
      Milleturu (大和郡山市)  天然酵母パン樸木(生駒郡)
大 阪  ミリバール(西区)        ひよこ珈琲(八尾市) 
京 都  ホホホ座 (左京区)      喫茶六曜社珈琲店(中京区)
      nowaki (左京区)       arabon(南山城村)
愛 媛  浮雲書店(松山市)
沖 縄  地母屋(石垣市)

店内で読んでいただけるお店
鹿児島  Bakery Cafe Chanaan カナン(姶良郡姶良町)
三 重  そば、けいた(名張市)





f0072357_21305792.jpg

インフルエンザをうつさぬように マスクをするも
むっちゃんはお構いなしで 掴みにかかる。
新聞も びりびりびりり。

むっちゃんやめてね と陸が言う。
[PR]
by yuju30 | 2016-02-29 22:06 | Comments(0)

おてがみ

f0072357_12145582.jpg

睦ちゃんへ

あなたのおにいちゃんは
ちいさなかいじゅうでした。
それはかわいらしく 元気なかいじゅうでした。

次に産まれてくる睦ちゃんが女の子と知ってから
おかあさんは
ちんまり座っている睦ちゃんと 
その横で静かに微笑んで座っているお母さんの姿を想像してみました。

もう 棒とみれば振りかざす手を止めることもないかな
暴れる元気な怪獣を 抱えることもないかな

静かに座ってたらいいのかな 

ところが
近頃の 「がおーがおー」と言いながら
スプーンに食らいつく睦ちゃんの姿を見て

おや
睦ちゃんもかいじゅうかしら 
と おかあさんはおもいました。
なにかを訴える泣き叫び方は 一級品です。

おにいちゃんかいじゅうは
すっかりおにいちゃんかいじゅうになりました。
たまにしか吠えません。
やっぱり かいじゅうの妹はかいじゅうかもしれません。

でも もしかすると おかあさんもかいじゅうだったのかもしれません。
いまも おかあさんだけど かいじゅうかもしれません。
こっそり吠えているのかもしれません。
こっそりかな…。

かいじゅうでも にんげんでも なんでもいいけど
そう。 なんでもいいのです。

生きてね。

と 思うのです。

お雛様を飾りながら 6か月の睦ちゃんの寝顔を見ながら
思うのです。
[PR]
by yuju30 | 2016-02-14 12:27 | Comments(0)

おりゃる

f0072357_1458876.jpg


















おりゃる おりゃる おりゃる…おりゃる…?
わらわは 「なんとか」 で おりゃる。
おりゃる か…。
おりゃる なんですね。

狂言 というものを見ました。
と言っても、親子で見る狂言。
やさしい説明がついて、親切。
はじめての大人にも わかりやすくてありがたい。

「笑う」
「可笑しい」

こればかりは 可笑しくないもの笑えない。

子供のころ まわりが 「うける」と言って大笑いするところで
ほんとのことをいうと 「うける」ということができない。
ぼやーんとして。

大人になってからは 早いテンポについていけず
どこで笑えばよいのか よくわからない。
つまり 可笑しくない。

わたしだって 笑いたいのですが。

そして はじめての狂言。

9歳の子 となりで 大笑い。
こどもでもわかりやすくて 素直におかしい。
声をあげて笑うことはなかったけれど

それがしは「なんとか」 でござる。
女性の場合は
わらわは 「なんとか」で おりゃる。

おりゃる… おりゃる…おりゃる…?

可笑しい。
よっぽど おかしい。
本気かな…。
ほんとに おりゃる…?

わたしは おりゃる がおもしろいです。
[PR]
by yuju30 | 2016-02-08 14:59 | Comments(0)