<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

とおる、日常。

f0072357_14485412.jpg
朝が来て
だれかれともなく
起きてくる毎日

3か月のむすめが
朝を からだのすべてでよろこんでいます
睡眠が足りて すべて満たされているから
朝は機嫌がよい それだけと言ってしまえば
そうかもしれないのですけれど

ちいさい命いっぱいに 
だせる音でしかない声
動かせるだけの 手足の動き


…娘の昼寝が終わったようです。
続きは  いつかな。

また書きます…。
[PR]
by yuju30 | 2015-10-29 15:03 | Comments(0)

とおる、日常。

暮らし舎モノガタル 「とおる、日常。」
10/22(木)-25(日) 新天地otonariA(SPACE)にて。
 
OPEN!
22 12:00-17:00
23 11:00-19:00
24 11:00-18:00
25 09:30-16:00

今回、暮らし舎モノガタルさんに声をかけていただき
絵や イトウサトミさんとのコラボでうまれたお皿などで参加させていただきます。
上野天神祭ですね。だんじりです。

わたしはまだ 2ヶ月の子との生活中で平日ちょっと行けたらいいなあと様子を見ています。
周辺のお店と合わせて どうぞ足をお運びくださいますように。


以下 暮らし舎モノガタルさんより
-----------------------------------------------------------------------------

2007年 秋。
ひょんなきっかけから、
学生生活の中始めた 作家活動。
丸8年が過ぎました。
様々な変化を経て、ここ数年は ほぼ、 同じものばかりを作りつづけています。
その中でも ”しかくきん” はわたしの代表作。
とおってきた 日々。
風、光、音、
空気が とおる心地よさ。
なにげなく、
とおりすぎる、 日常。
そんな瞬間をみつめていきたいという、 気持ちを詰め込んだ 展示をやります。
期間中は、町では 天神祭が開催されています。
今年は、 鬼行列、だんじりが練り歩く ”本祭り”は 日曜日!
たくさんの人で、にぎわう町。
ひっそりと、上野市駅前にて営みます。

暮らし舎モノガタル

新天地otonari
[PR]
by yuju30 | 2015-10-20 12:53 | Comments(0)

手紙



f0072357_1143562.jpg


また、一か月が過ぎたのでしょうか。
ご無沙汰しています。
わたしの毎日は、時間は足早に駆け抜けていくのですが
子供たちの時間に住んでいるので なぜかゆっくりした気持でいます。

感覚って不思議です。
以前なら、飛行機でひとりびゅーんと飛んでいくことが
「ふらふらした散歩」 であったのが、
近頃は 徒歩で行ける公園の森が
「むっちゃんとのジャングル大冒険」となり
そのときそのときに応じて、自由自在に心の中で日々を彩ってゆきたいものです。





    上の子の歯が抜けたり。

f0072357_1158018.jpg



運動会にかけつけて くたばったり。


f0072357_11585326.jpg

家族の記録を撮っていたり。


家族の成長を見守るって たのしくも忙しく いそがしくも楽しく。


毎月のお便り「てがみ」の10月号発送を終えました。
今月の「将来の夢」は陶芸家の植松永次さんです。
毎号毎号、なんてぜいたくなんでしょう...と感謝です。

またどこかで手に取っていただけますように。
そして いつかどこかでお会いできたら。
それもまた楽しみです。

手に取っていただけるところ
  
長 野  ルヴァン信州上田店(上田市)
埼 玉  tenori (川越市)
東 京  ルヴァン富ヶ谷店(渋谷区)  
滋 賀  ボーダレスアートミュージアム NO-MA (近江八幡市)  
      mamma mia (甲賀市)
三 重  子どもの本の専門店メリーゴーランド(四日市市)
      月の庭(亀山市)  そば けいた(名張市)  月の温(四日市市)
奈 良  くるみの木(奈良市)      マジックマレット(桜井市)
      Milleturu (大和郡山市)  天然酵母パン樸木(生駒郡)
大 阪  ミリバール(西区)        ひよこ珈琲(八尾市) 
京 都  ホホホ座 (左京区)      喫茶六曜社珈琲店(中京区)
      nowaki (左京区)       arabon(南山城村)
愛 媛  浮雲書店(松山市)
沖 縄  地母屋(石垣市)

店内で読んでいただけるお店
鹿児島  Bakery Cafe Chanaan カナン(姶良郡姶良町)
三 重  そば、けいた(名張市)


最後に。
「インスタグラム」 というものを始めてみました。
コメントというものに、
どうも勇気がいるのでなかなか進まずなのですが
自意識過剰なのかもしれませんね。
それかもしれない...。
いただいたコメントは嬉しく読ませてもらっているのです。

もしも 覗いてみたいと思われましたら、温かく見守っていただけるとうれしいです。
yuju370906

ときに天使のような顔をして
とぼけた表情が愛くるしいのに
ときどき 怪獣のたまごが割れたような
ざらざらした泣き声で
怪獣の子が何かを叫んでいます。


気候もよいので
小さな怪獣の子と出かけてきます。
またの日まで。


ゆうじゅ 
        南ゆうこ





f0072357_1221869.jpg
[PR]
by yuju30 | 2015-10-13 12:23 | Comments(0)