ブログトップ

ゆうじゅ   yuju

お菓子 絵 ことば 朗読 旅 こども 樹 life is art


by yuju30
プロフィールを見る
画像一覧

おとなの朗読会

f0072357_6563554.jpg

今年 三重「そば、けいた」さん
滋賀「茶楽」さん、そして奈良「日+月+星」でおとなのための朗読会をさせてもらいました。
数年前に言葉で空間を造形する、「言語造形」という朗読に出会い
「声」という音でもって 「言葉」を空間に解き放つ。
そんな活動をしています。

朗読会のあと 感想を書いていただく紙には、
いつも 皆さんたくさんの言葉を残してくださいます。
これを 紹介したほうが良いのか
その時を ご一緒したこと、その瞬間が何より大切なのであって
終わった後に パソコンなどの情報で知ることができるのは、
ほんとの時間ではないのでは…
という思いもあって なかなか すすみませんでした。

でも もしも これを見てくださった方が 
いつか 朗読会に足を運んでくださることがあったら
その 小さなきっかけになるのであればと
今日は すこしだけ お越しくださった方のご感想など 紹介させていただきます。


‐‐‐‐‐‐--------------------------------------
:ことばのにおい 気配は大事と思いました
:日常のざわざわしたことから 自分を取り戻せたような時間でした
:脳みそ…?や身体にしみ込むようで一種のヨガだなあ!と思いました
:目を閉じているとまぶたの裏にしみ込んできました
:朗読の内容は忘れてしまいましたが 声と音、ことばの間の時間すべてがみんなを包んでいたように思います。
:頭の中のいやーな何かがあしからそろりとぬけてゆき、からっぽでした。そして次の日から空っぽでした。
:声と雨の音 鳥の鳴き声すっと自分の中に入り込んでいくような時間でした

‐‐‐‐‐‐‐--------------------------------------


………………………。と、書き出してみるもこれが精いっぱいです。
ほんとに書くこと大事なのかな…。
褒めてもらった (おそらく) 言葉を並べている自分を
冷ややかに見ている自分がいるのですがどうしましょうか。

ということで、ものすごく恥ずかしい作業ということがわかりました。

朗読の時間は垣間見えたでしょうか。
やっぱり どうぞお越しくださいとしか言えません。

言葉の力と同時に、今 声の不思議にも興味を持っています。
「聴くこと」
人の聴覚は 耳でもって、人の声から発せられる その人の内面の奥のまでも
感じ取ることができるのだそうです。
そのために 耳をすます 耳を傾ける 聴こうとする
そんな時間をたくさん持ちたいものだなと思います。

そして 音としての声で 言葉を発する私は
自分の声 どんな声なのかな
隠しようのない声ですものね。と思うのです。

人の姿は その人のすべてを表しているような気がします。
[PR]
by yuju30 | 2016-12-23 07:31 | Comments(0)