松山へ

4月29日(金)
4時起床。 関空発 松山空港行き。
ピーチのあまりの安さに感謝

子 1日学校お休み。おおよろこび
家庭の事情。
おかあさん出張ですよ。


f0072357_6172984.jpg








到着後
会場へ。とても暑い日。
えいこらえいこら 
すこし独楽に似てきた体をおかしくおもいながら
いざ 井出神社へ。

その前に 今回声をかけてもらった浮雲書店

f0072357_6205821.jpg

お店に 10年前の月便りを飾ってくれていました。
店主 武井くんとは10年ほど前に関西で、 そうでした。
月便りを通して 知り合ったのでした。
とても懐かしい月便り。
10年は 早い.のかな 長かったとも思えます。


f0072357_6212351.jpg


f0072357_630498.jpgf0072357_6305827.jpg













会場下見。
実行委員会の方にお会いする。
てきぱきてきぱき  着々とかたちになって行く会場。
お茶席 天神茶屋のとなりの境内の中。
お賽銭を入れる箱の その向こうが今回の朗読の会場です。
とても静かな 守られたようなちいさな境内。

神様 ありがとうございます。と思う。
よろしくおねがいします。
子 太鼓を鳴らしたくなるが 何度も止める。




f0072357_6392593.jpg



昼食 実行委員のメンバーでもあり出店もされる
「やの屋」さんのお弁当。
外で食べるお弁当は気持がよいです。
ごちそうさまです

 












そのあとは
浮雲書店 武井くんが案内してくれて

「蛙軒」 へ
行く前から名前をきいて わくわくしておりました。
古い文房具屋さんのあとに住まわれて  古文具 貸本 売り本 剣玉発信のお店 かな。
ゆっくりさせてもらい いろいろお話して ヨーヨーと 肥後守(ひごのかみ)を買う。

肥後守はちいさなナイフで 
子が鉛筆を削るのに、南の子供の頃のちいさなナイフを一つ与えていたのですが
ちょっとグラグラしていたので どこかでこのナイフに出会わないかなと思っていました。
ここで出会えるとは です。
鉛筆は 鉛筆削りで簡単に削ることもありますが、
ナイフで削れるようになってほしいと思います。



ご夫婦で蛙がすきだったのかな。
「蛙軒」 
ゲロケン げろけん どっち表記ですか?

かわいい猫の名前 やっぱり覚えられませんでした。


そしてから またすぐ近所の「田中戸」
以前 三重の「月の庭」のスタッフをされていた アキくんのお店
いろいろ つながっているのだなとおもいます。
翌日の かき氷屋さんはずっとお客さんが並んでました。



長くなりました。
長く楽しい1日でした。
翌日の「松山天神市」 よい1日となりますようにです。


翌朝
非日常に あそぶ

f0072357_7151180.jpg


f0072357_7133567.jpg

f0072357_7151781.jpg

[PR]
by yuju30 | 2015-05-02 07:21 | Comments(0)
<< 松山天神市 朗読会 Calmeさんの2階で 暮らし... >>